Takafumi-iikura

Takafumi Iikura

 1994年生まれ、大分県出身。根っからのスポーツマンで、甲子園を目指すほどの強豪校にて野球に打ち込む高校時代を過ごす。その後、人の幸せに関わる仕事がしたいとの思いで、ウェディングフォトの世界へ。

 福岡と横浜で経験を積んだのち、実力が認められ、史上最年少でクッポグラフィーのフォトグラファーとして仲間入りをする。

 結婚式の写真は、新郎新婦以外にもたくさんの親戚や友人に見られるという特性から、「結婚式に参列していない人でも、写真を見ればその一日を体験できるような躍動感のあるドキュメンタリー写真を残してあげたい」という思いが強い。

 自身も新郎新婦の結婚式を構成する一員として、ゲストの方々とコミュニケーションをとりながら、被写体の生き生きとした様子を捉えることに日々奮闘している。

 

Portfolio